通信システム起動アプリケーション「ホロノメトリア」へのアクセス要求を確認接続プロトコルを確認......acceptedアカウント情報の提示を要求生体認証を実行 ......denied該当データなし追加情報を要求意想メトリクス認証へ移行認証......acceptedセッションを確立しました

オオエヤマのオニ退治

──悪いが、余の誇りにかけて、そなた等をここより先へ通すわけにはいかぬ
影の主はそう呟いた。

***

近頃、カミカクシが起こっているという噂がキョウノミヤコで広まっているらしい。
キュウビ曰く「何人もの子供が消えている」のだという。

調べてみると、どうやらオオエヤマという山に住むオニが山の廃寺に子供たちを連れ去っている、という事実に行き当たる。
「ま、行ってみればわかるでしょ」

白と黒の2人は、食後の散歩程度の軽いノリで、廃寺と呼ぶには随分と新しい様相の寺屋敷に乗り込んだ。

***

のちに聞いたところによると、彼女らと、それを迎え撃ったオニの少女との激闘は、一昼夜続いたという。

「結局、まぁーー……半分くらい勘違いだったんですけどね……」